FC2ブログ

2013-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重大事故を避けるためには。

重大事故を避けるためには。

友人が夜の山道でスリップし、車が大破する事故を起こしました。原因は不明ですが、細い山道の下り坂ですピインしてしまい、山壁に激突、運転席、助手席双方のエアバックが開くという大きな事故でした。軽傷ですみましたが、谷側に向かっていたらと考えるとかなり怖い事故で、これですんだのは運が良かったとしか言いようがないと本人も話しています。

この事故処理をしていて、交通事故で亡くなる人は何人ぐらいいるの、と友人に聞かれました。保険代理店にとっては極めて身近なことなのに、そんな問いかけにおおよその数もイメージできないのに気がつきました。ネットで統計をみてみました。平成24年は、4,411人の方が死亡されていました。負傷者数は82万5,396人と載っています。この数がイメージ通りだったかは別にして、いまさらながらですが、最も身近にある危機、それが交通事故だと思いました。

平成24年中の交通事故の状況(警察庁まとめ)をみますと、最も死者数が多かったのは昭和45年で、16,000人強の方が死亡されています。車が走る凶器と呼ばれた時代です。そこから年々死者数は大きく減少してきています。近年死者数が減少してきた理由について警察庁は、「シートベルト着用率の向上」「事故直前の車両速度の低下」「悪質・危険性の高い事故の減少」「歩行者の法令遵守」をあげています。

後部座席も含めシートベルトを忘れないこと、交通法規を守ること、走行速度を上げないこと――当たり前のことと思いがちですが、基本動作をしっかり行うことが、重大事故を避ける最善策と記されていました。後部座席のシートベルトなどたかをくくっていましたが、気をつけなければと思いました。なお、この統計で死者数にカウントされているのは、事故後24時間以内に死亡した人数とのことです。(かねこ)

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

安心いちばん

Author:安心いちばん

最新記事

カテゴリ

未分類 (75)

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。