FC2ブログ

2013-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀を助けた話

夏の終わりに、面白い体験をした。
とある大型商業施設の側を車で走っていた時のこと、前方に何か
大きな石のようなものが見えたので、避けるように走って行った。
通り過ぎる際にふと目を見やると、それは亀が道路を横切って
いる姿だった。
首を目一杯伸ばし、手足を最大限伸ばし動かしながら必至に
走っている姿だった。
あまりの必至さに心を打たれ、このままでは車に轢かれてしまうし
水場が無いから死んでしまうと思い、駐車場に車を止め亀の元に
行って見た。
亀は道路を横断しきって、縁石の側で固まっていた。

     かめ

近くで見ると案外大きくて、怖くて触れない。
どうしようと困っていた所に、自転車に乗った青年が通りかかった。
「すみません」と声をかけ、助けを求めた。
するとその青年は
「近くにペットショップがあるのでどうしたら良いか聞いてきます」と
言って自転車を走らせてくれた。

見て見ぬふりが多い昨今、ダメもとで声をかけた私は、その青年の
行動に素直に感動していた。
戻ってきた青年は「外来種の増殖等を防ぐ為、ペットショップでは
保護出来ないそうです。警察に相談してはと言われました」と。
そして「110番ですよね、僕、電話します」と言って自ら通報して
くれた。

またまた感動した私は警察の方を待つ間、その青年とあれこれ
話し込んだ。
大学2年生で近所に住んでいること、今は夏休みでもうすぐ学校が
始まること、就職するか進学するか悩んでいること、こんな場所に
亀を捨てて行くなんて本当に酷いよね等々、恐らく母親位であろう
私に、色々な事を話してくれた。
今時、こんなに心の綺麗な大学生っているのね・・と三度感動して
いるところにパトカーがやってきた。

     パトカー

 亀の為に、三人もお巡りさんがやって来た。
年配のお巡りさんが「何だな、こいつは横断禁止道路を堂々と横断
した不届き者だな」と笑いながら言うので、「じゃあ、逮捕ですね」と
合いの手を入れたところ、
「そうですね。亀っ、道交法違反で逮捕する!」と言いながらバケツに
いれ、責任を持って自然に帰すと連行して行った。
平和だなぁとほのぼのしたところで、その青年に連絡先を教えてもらい
解散した。

その後、感謝の気持ちの図書カードを添えてお礼状を送った。
何か心が温まる思いのする出来事であった。
後日友達にこの話をし、「亀を助ける為に駐車料金と図書カード代で
3,600円も(←せこい)使ったんだから亀の恩返しがあるに違いない」と
言ったところ、「そーゆー事言わなきゃ美談なのに。お腹ん中、真っ黒
だな」と一喝された(笑)

 そして季節が変わり、最近になってその青年からお礼状が届いた。
恐らくお礼状など書くのは初めてだろう、一生懸命考えたと思われる
文面に、また心が温かくなった。
そこには「・・亀騒動は希少な体験でした・・繁宮さんのように優しい心を
持ちながら(←おばちゃんを喜ばすことも忘れない!)、・・大学生活、
社会人となっても心に余裕を持ちながら成長して行きたいです」と綴られ
ていた。綺麗な心を思い出す、これが亀の恩返しねと思った。
本当にこころがほっこりした亀騒動であった。
それにしても、亀、何カメだったんだろう?

(しげみや・ゆ)
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

安心いちばん

Author:安心いちばん

最新記事

カテゴリ

未分類 (75)

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。